NEWSLETTER

T    03-6276-5323

1-20-7 Yayoi Nakano Tokyo,Japan

Copyright © 2019 CASA DE

​Pierre Jeanneret

 

ピエール・ジャンヌレ(1896- 1967)​

1896年生まれのスイスの建築家。ピエール・ジャンヌレは建築界の巨匠ル・コルビュジエの従兄弟であり、1922年からはコルビュジエと事務所を設立し協働した重要なパートナーとして知られています。1927年に入所したシャルロット・ペリアンと3人でLCシリーズに代表される家具のデザインを手がけています。

インドとピエール・ジャンヌレ

1950年代初期、コルビュジエとともにインド北部・パンジャム地方の新都市(チャンディーガル)計画に参加します。コルビュジエがチャンディーガル都市計画を引き受ける条件の一つが、ジャンヌレが現地で監督を行うことでした。ジャンヌレは、コルビュジエの提案を承諾し、チャンディーガルの都市空間から建築物、家具までを総合的にデザインするという重要な役割を果たします。途中コルビュジエがプロジェクトを離脱した後もチーフアーキテクトとしてインドの近代建築の発展に寄与しました。1951年から14年間滞在し、1965年には病気のためにインドを離れます。1967年の没後、ジャンヌレの意思に従い遺灰はチャンディーガルのスクナ湖に撒かれました。

Project Chandigarh

プロジェクト・チャンディーガルは、ジャンヌレがコルビュジエとともに多くの建築物を設計したインドの「チャンディーガル都市計画」の際、様々な建物のためにデザインした家具シリーズを再生産しているプロジェクトです。当時、同時期に大量の家具を必要としたため、ジャンヌレは現地インドで入手可能な材料を用い、図面と大まかなアドバイスのみで製作可能なデザインを考えました。主にチークの無垢材を採用し、様々な工房の職人によって製作されました。そのため同じ図面からつくられたにも関わらず、大きさや比率、部材の太さや角度などが異なる作品が数多く生産されました。このプロジェクトでは、当時のオリジナルの図面が残っているプロダクトのみを忠実に復刻しています。今では入手が困難となったチーク材は築100年以上の建物に使われていた古材を再利用し、インドの工房「Phantom Hands」によって一つ一つ職人の手で製作されています。

Phantom Hands

ファントム・ハンズは、インド各地の専門の職人が集まって運営されている会社です。数世代にわたり木材加工を生業としてきた北西部ラージャスターン州の木工職人。 北部ウッタル・プラデシュ州の町ゴラクプールの木材研磨の職人。ラタン編みの職人は、南部カライクディの町の一族など、それぞれインドで実績のある職人が一台一台手作業で製作しています。社名は、家具を完璧につくり出す手業を象徴したものです。製品一つ一つが何世紀にもわたって世代から世代へと受け継がれてきた技能の集大成です。オリジナルの図面に沿って忠実に製作するため、当時チャンディーガルの一連の家具製作を担当していた職人がアドバイザーとして監修を務めています。土地の素材や職人の技を活かした素晴らしいデザインを残したジャンヌレに敬意を表し、ファントム・ハンズはその技術を絶やさないよう持続的なものづくりを行っています。ジャンヌレの意思が、現地インドの工房によって確実に後世に受け継がれています。