​Pierre Chapo

 

ピエール・シャポ(チャポ)(1927-1987)

フランスの家具デザイナーであり職人。ピエール・シャポはパリ国立高等美術学校で 建築学を勉強し、1958年に卒業。その後、彫刻家であり画家でもあった妻ニコール ロルミエールと共に、スカンジナビアとアメリカを旅しました。この旅で、アメリカ の建築家フランク・ロイド・ライトの邸宅と事務所を訪問、後のチャポのデザインと作品に多大な影響を与えました。帰国後、シャポはフランスのクラマールに自身のスタジオを設立し、妻ニコールのサポートを受けながら作品の制作を開始しました。 シャポとニコールは、パリ13区の並木道、オピタル通りに ギャラリー・チャポを開設。 現在もなお、シャポの作品は当時のアトリエにて、彼の次男を中心とした職人たちが 制作を続けています。

​◾️CASA DEは、[Chapo Creation]の日本総代理店です。

PC_portait_80_nb.jpg