Isamu Noguchi

 

イサム・ノグチ(1904-1988)

日系アメリカ人の彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。岐阜で制作した新しい変形提灯を、ノグチは〈AKARI〉と名付け、35年をかけて200種類以上ものさまざまな形や大きさの〈AKARI〉を生み出しました。〈AKARI〉を提灯ではなく光の彫刻だと考えた彼の彫刻作品は、「役立つ」という「用」を備えた芸術であり、デザインされてから60年を経た現在に至ってなお、たくさんの人々の生活を明るく照らしています。

 *これまで需要に対応すべく増産に努めて参りましたが、予想を上回る注文が増加し続けた為、いくつかの作品に関しまして販売することができない場合がございます。予めお問い合わせください。

isamu_img01.jpg