Girafa Chair

1986年、Marcelo Ferraz;マルセロ・フェハスとMarcelo Suzuki;マルセロ・スズキは、Lina Bo Bardi;リナ・ボ・バルディとともに、Casa do Benin;カサ・ド・ベニンのレストランやTeatro Gregório de Mattos;グレゴリオ・デ・マトス劇場など、サルバドールでの一連のプロジェクトに取り組みました。市場で目にするものに不満を感じていた彼らは、オープンしたばかりの家具製作所 Baraúna;バラウナを自由に使えるようにして、自分たちでいくつかの作品を開発することにしました。最初の試みは、Alvar Aalto;アルヴァ・アアルトとフィンランドにある1930年代に建設されたsanatório de Paimio;パイミオ療養所の家具という、決して熱帯的ではないインスピレーションから始まりました。Baiano(ブラジルのバイーア州)に合わせ、3フィートのスツールをアップデートし、合板の代わりにブラジルの無垢材を使用しました。Girafaと呼ばれるシリーズの最初の作品はチェアで、その後、スツール、テーブル、バー・スツール、エンブロイダラー(刺繍職人のための椅子)と発展していきました。このチェアは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品に含まれています。

*経年とともに色が変わっていきます。

* 木材は天然素材のため、一点一点異なる特徴があります。

*W = 幅、D = 奥行き、H = 高さ、SH = 座面高さです。記載のサイズは目安としてお使いください。

素材:タワリ材(ドリームナット)のニス仕上げ

目安納期:お問い合わせください。

Item No : BRUN01

Size       : W390 D430 H760 SH450 mm (Weight:6kg)

Price     : 69,850JPY  (63,500JPY+tax) 

NEWSLETTER

T    03-6276-5323

#Itsuki-room,2-14-15 Komone, Itabashi-ku, Tokyo, Japan

Copyright © 2021 CASA DE