L1006662.png

Pierre Chapo

1927 - 1987

ピエール・シャポ

フランス・パリ生まれ。

20 世紀を代表する家具デザイナーであり、彼自身が製作をおこなう木工職人としても名を馳せたピエール・シャポ。当初、プロの画家を目指していたフランスの青年は、造船技師との出会いにより、木材や木工芸に目覚めました。パリ国立高等美術学校で建築を学んだピエール・シャポは、卒業後、妻で彫刻家・画家のニコル・ロルミエとともに北欧や北中米を広く旅するようになりました。その中で、フランク・ロイド・ライトの自宅兼アトリエであるタリアセン・ウエストを訪れます。この訪問が、その後のシャポの作品やデザインに多大な影響を与えることとなりました。1950 年代末に帰国したチャポは、妻の協力を得て、自分のデザインの製作と販売を開始しました。彼のデザインに熱狂的なファンがつくまで、あまり時間はかかりませんでしたが、興味深いことに最初の顧客は20 世紀の重要作家の一人とされ、ノーベル文学賞も受賞したアイルランド出身の作家サミュエル・ベケットでした。シャポはベケットの有名な戯曲にちなんで「Godot bed」を制作、これが高い評価を受け、彼がデザイナーとして躍進していく第一歩となりました。1958 年に、妻のニコルと共にパリのオピタル通りに設立した高級ショップ「Galerie Chapo」で作品を販売していたシャポは、自身の作品と共にイサム・ノグチなど、他の職人や芸術家の作品も展示をおこないました。シャポはノグチの工芸品に対する有機的なアプローチに共感し、二人とも戦後の社会主義の影響下で主流となっていた荒々しい工業的な製品に対して抵抗しました。シャポは、「実用性」以上のものを求めており、家具デザインは美的なものであるべきだと考えていたため、黄金比の重要性を強く主張しました。彼の作品は、古くから伝わる木工技術と工芸における伝統に、現代的なアプローチを融合させたデザインです。彼の卓越したデザインの作品には、主にエルム材、オーク材、ニレ材が使用され、現代的なデザインと伝統的な職人技への2 つの関心を明確に表しました。1960 年には、パリ市への貢献に対する感謝の印として、パリ市から金賞を受賞。彼は、個性的で時代を超越した普遍的なクオリティを持つデザインを支持しました。当時、クラマールにある義父の木材工房で製作をおこなっていたシャポは、そこからほど近いサンジェルマン通りに軒を連ねたKnoll、Sentou、La maison des métiers d'art といった名だたるギャラリーや、同時期に活動していたSimone Prouvé、Georges Candilis、Arne Jacobsen をはじめ、特にGallery Steph Simon で展示されていたSerge Mouille の照明作品、Charlotte Perriand がアルプスのスキーリゾートLes Arcs の為に制作した作品に大きな影響を受けました。1967 年には、装飾芸術家協会展に参加し、アワードを受賞。同年、家族とともにプロヴァンス地方のアヴィニョン近郊のゴルドに移り住み、新たにアトリエを構えました。ゴルドの風景に触発されたシャポのデザインは、伝統に根ざした無骨で大胆なものとなっていきました。 ゴルドでは職人たちを雇い入れたことでこれまでよりも彼のデザインに対する需要を満たすことができるようになり「Oeil table」「T01 table」「S01 stool」「T21 Table」 など、戦後のムーブメントに大きな影響を与えたコレクション性の高い作品を生み出しました。ゴルドに拠点を移してから20 年後の1987 年にピエール・シャポは他界しました。

 

その後、息子のフィデル・シャポが父との思い出の地であるゴルドの工房を家具会社「Chapo Gordes SA」として設立、父のデザインと意思を継承し職人であった彼自身も、家具の製作を続けました。父親譲りの卓越した技術力とクラフトマンシップからフィデル・エディションと呼ばれるように、彼が製作した作品も数多くのコレクターから高く評価されました。残念ながら、2021 年の暮れにフィデルも享年54 歳という若さで他界し、現在はピエール・シャポの孫にあたるゾラン・シャポが会社を引き継ぎ、同じゴルドの地で製作を続けています。ピエール・シャポが、フランスが生んだ最高のデザイナーの一人であることは、彼のデザインや職人技を見れば明らかです。30 年のキャリアの中で、彼は家具製作と建具の伝統工芸へのこだわりを一度も失うことはなく、それらが優れた家具に不可欠であると信じていました。作品には、モダンなデザインと伝統的な職人技が融合しており、木材

とその特性に対する彼の愛情がすべての作品に表現されています。

L1006690.JPG
IMG_6448_edited_edited_edited.jpg