スクリーンショット 2022-04-07 16.30.48.png

Sergio Rodrigues

1927 - 2014

セルジオ・ロベルト・サントス・ロドリゲス

ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。

ブラジルを代表する建築家やデザイナーとして、傑出した個性を発揮した人物。

ジョアキム・テンレイロ、ホセ・ザニン・カルダスらとともに、ブラジルのデザインを工業デザインに転換し、世界に知らしめたパイオニアです。

 

1952年にリオデジャネイロの国立建築大学を卒業したロドリゲスは、「わが民族の精神」を表現できるようなデザイン求めて、彼自身が言うように「必死の探求」を行いました。機能性を追求した家具や国際的なデザインが重視されていた時代に、ブラジルの気候やのんびりとしたライフスタイルに適した快適さを備えつつ、その土地の文化を反映した家具が必要だと考えたのです。

やがてロドリゲスはクリチバに移り住み、ハウナー兄弟と共同でモヴェイス・アルテサナル・パラナエンセを設立します。クリチバ初のモダン家具店として注目を浴びましたが、店は成功しませんでした。1955年、故郷のリオデジャネイロに戻った彼は、ブラジルで最も影響力のある大規模な家具メーカーOCAを設立し、ブラジル家具の生産に新たな局面を告げる店となります。

 

1950年代から60年代にかけての絶頂期には、モダニズムに則った家具デザインを手がけ、 デザインにおいても、革、木、籐といった伝統的な素材を用いて、彼の母国の文化を高揚させました。

「Mole Armchairはニューヨーク近代美術館MoMA)のコレクションにもなっており、現在でも垂涎の的となっています。

 

1968年、 ロドリゲスはOCAを退社しましたが、自宅のスタジオでホテルや住宅、職場の家具からプレハブ住宅のシステムまで、さまざまなデザインを生み出し続けました。彼は、自分のプロジェクトの図面だけでなく、家具や日常の風景、そして自分自身を描いたユーモラスなイラストを集めていました。デザイナーであるフェルナンド・メンデス・デ・アルメイダは、彼の師であり、友人であり、いとこである彼のことを、このように語っており、クリエイターの重要性を強調しています。

「アーティストとして、また公人としてのセルジオ・ロドリゲスの姿は永遠であり、私たちの生活史や国の歴史と融合しています。ブラジル人アーティストの中で、これほど長い間、私たちの文化、生活様式、そして私たちのあり方を、これほど強い決意で守り続けた人はほとんどいないでしょう。これほど長く生産的な生涯を送ったデザイナーはほとんどいないでしょう。」

セルジオ・ロドリゲスは2014年、リオデジャネイロで逝去しました。

 

60年のキャリアを通じて宮殿、官庁、外交官、ホテル、劇場、企業、家庭などに装備される約1,200ものモデルの家具を制作しました。彼の作品の多様性はそれぞれの建築空間の必要性を理解しその時々に利用可能な資源からデザインし優雅さと魂を持った家具を提供する能力に集約されています。

スクリーンショット 2020-07-13 16.05.22.png
WhatsApp Image 2022-03-29 at 5.29.15 PMのコピー.jpeg