sergio%20rodrigues_edited.jpg

ブラジル生まれ。家具デザインを手がけて60年の節目となった2014年に同市でその生涯を終えます。1200 ものデザインを起こし、その半分は実際に生産されたと言われています。ロドリゲスは、1952年の大学卒業後、ブラジル南部パラマ州クリチバに移り、ブラジリアン・モダニズムを代表するデザイナー カルロ・ハウナーらとともに家具事業をスタートしました。1955年にリオデジャネイロに戻り、家具メーカーの「Oca」を設立しました。当時セルジオは無垢材、特にジャカランダを好んで用い、それに皮革や布地、籐、金属など違う素材を組み合わせたデザインを数多く生み出しました。その中でも、ジャカランダのフレームにボリュームのあるクッション材を組み合わせた「Mole」 アームチェアは、代表的な作品のひとつです。オスカー・ニーマイヤーとルシオ・コスタの依頼により、1960年に落成し、のちに世界遺産に登録されたブラジリアの多くの政府庁舎に、ロドリゲスの家具が納められました。今日に至るまで、彼のデザインは、首都ブラジリアのアイデンティティに欠かせない存在となっています。 

SERGIO RODRIGUES

NEWSLETTER

T    03-6276-5323

1-20-7 Yayoi Nakano Tokyo,Japan

Copyright © 2020 CASA DE