charreau_edited.jpg

フランス・ボルドー出身の建築家/デザイナー。当初は、絵画や音楽などにも関心があったものの、パリのエコール・デ・ボザール ( 国立高等美術学校 ) で建築学を学びました。1908年に卒業後、シャローはパリに拠点を置く英国の家具会社に勤務し、その後、小中規模のインテリアプロジェクトを数多く立ち上げました。シャローが最初に完成させたプロジェクトの一つである友人のジャン・ダルサース博士の書斎/寝室のデザインは、パリのサロンドートンヌで展示され、その後、ダルサース博士は自邸の設計をシャローに依頼しました。これが彼の代表作となる「ガラスの家 / メゾン・ド・ヴェール」の誕生でした。シャローの作品の特徴は、当時としては珍しい素材の組み合わせでした。彼は 家具、照明、建築デザインに対してモダンなアプローチを取り入れ、マホガニー、ローズウッド、アラバスターといった自然素材に、金属やガラスといった戦後主流となっていた工業的な産業資材を組み合わせました。また、円形や多角形のフォルムが革新的な照明作品も高く評価されました。シャローの残したデザインは、現在でも、フランスの職人たちに受け継がれてきた丹念な手仕事によって生み出されています。

PIERRE CHAREAU

NEWSLETTER

T    03-6276-5323

1-20-7 Yayoi Nakano Tokyo,Japan

Copyright © 2020 CASA DE