スクリーンショット 2022-03-19 17.56.05.png

Jorge Zalszupin

1922 - 2020

ジョルジ・ザウスピン

ポーランド・ワルシャワ生まれ。

 

18歳のとき、ナチスの占領から逃れるためにブカレストに移り、1944年にルーマニアのトップクラスの建築学科を卒業。

彼のデザインのキャリアは第二次世界大戦後、フランスで建築家としてのキャリアをスタートさせ、 再建に携わり、1949年、ブラジルに移住しました。政治的・文化的な面で急速に近代化したこの国の可能性に彼の気持ちは高揚します。

 

ブラジルモダニズムの伝説的存在であるオスカー・ニーマイヤーとのコラボレーションは、彼の美学に大きな影響を与えました

ニーマイヤー、ル・コルビュジエ、ルシオ・コスタらによって、ブラジルのモダニズム建築の形が形成されつつあるまさにその時に、彼はブラジルへ渡りました。ザウスピンの家具は、シンプルなフォルムと官能的な美しさが融合しており、この時代のデザインのスタイルに合致していました。

リオデジャネイロに到着してから10年も経たないうちにザウスピンは、自分の名を高め家庭を持ち、ブラジル国籍を取得し、 サンパウロに自身建築事務所「Escritório Téchnico Prumo(エスクリトリオ・テクニコ・プルモ)を設立します。

 

 

ザウスピンは、自分が設計したモダンな住宅やオフィス空間のインテリアに一貫性を持たせたいというクライアントの要望から、家具のデザインを始めます。しかし、輸入品の流通が禁止され、選択肢も少ない中で彼は家具をデザインし、数人の熟練工と製作をコーディネートするようになりました。やがて、デザインスタジオでありながら高品質なモダン家具の製造・販売を行う会社「L’Atelier」を設立。

 

 

ハンス・ウェグナーやフィン・ユールを意識した「The Poltrona Dinamarquesa (ポルトローナス・ディナマルケーザ)」は、彼の独立第一作目であり、ブラジル・デザインのアイコンとされています。ブラジルにあるニーマイヤーのアルボラダ宮殿の建築的ディテールを思わせる官能的なアームの曲線とスリムで先細りの脚は、ブラジルらしさを表現しています。ザウスピンの遺産はここから始まりました。

 

最高級の素材が彼のデザインのエッセンスでした。 ザウスピンの作品は素材そのものを生かし、規律と、自由明快なラインの美しさによって調和し、

感情に満ちた全体像を作り出します。  また、「Poltronas Presidencial」や「Brasíliana」、「Pétalas」 テーブルシリーズなどの代表的な作品は、1959年にブラジルの家具製造を前進させ、国内における曲げ木家具構造のパイオニアとなりました。

今でこそブラジルでは当たり前のように使われているこれらの技術も、ザウスピンが高度なサプライチェーンの構築によって築き上げられているのです。

 

2020年、ザウスピン(享年98歳)の死去により、デザイン界は巨匠を失いました。

彼の家具は、最高級の素材とシンプルなフォルムが融合して成り立っており、ミニマリズムの中に官能的な要素を取り入れ、大理石のブロックや一流の木材が共存しています。

ポーランド生まれで、心はブラジル人の彼は、自分の人生を「奇跡の連続」と表現していますが、それは彼の象徴的な家具と同じように、生来のエレガンスから生まれたものでしょう。

彼は自生する木材を扱うことに長けていましたが、同じように他の素材にも目を向け、スチール、大理石、ファイバーグラス、そしてキャリアの後半では成型プラスチックまで、革新的な素材を探求し続けました。

「彼はブラジル・モダニズムの伝説的人物で、時代を超越した高品質の家具デザインを生み出しました」と、ETELのCEOであるリッサ・カルモナ・トッツィも語っています。そして2006年には彼の作品の数々を復刻させました。

 

彼の遺産の数々がデザイナーや愛好家、業界関係者に刺激を与え、何世代にも渡って支援するように今後も同様に継承され続けていくでしょう。

スクリーンショット 2022-03-19 18.00.39.png
スクリーンショット 2022-03-19 17.45.04.png