_MG_7039.JPG

Joes Zanine Caldas

1919 - 2001

ジョゼ・ザニーネ・カルダス

ブラジル・ベルモンテ生まれ。

 

医師の息子であるザニーネは、幼い頃から環境、特に樹木に魅了され、アーティスト、デザイナー、建築家、彫刻家、大工でもあり、活躍の場をひとつに絞ることはありませんでした。

同世代の建築家の多くが幅広く学ぶ中、ザニーネは実験を通して独自のスタイルを確立していきました。20歳のとき、バイーアからリオデジャネイロに移り住み、建築模型の工房を開き、ルシオ・コスタやオスカー・ニーマイヤーといったモダニズムの先駆者たちと仕事をするようになりました。

ザニーネは、建築学士号を取得していなかったため、建築界の大部分から排除されていましたが、著名な彼らは批判することなく、ザニーネの技術と問題解決能力を賞賛しました。

1948年、ザニーネは、セバスチャン・ポンテス、パウロ・メロと共同で、サン・ジョゼ・ドス・カンポスに建具会社「Móveis Artístico Z」を設立しました。

しかし、デザイン理念は、無垢材を使ったハンドメイドの家具や、魅力的でないデザインの家具の連続生産が主流であった当時の市場とは相反するものでした。

Móveis Artístico Zは、これらのパラダイムを打破し、デザイン性を高め、大衆にアピールする作品、すなわち半量産のシナ合板の家具を製造することに成功します。

合板を使ったエレガント且つシンプル有機的な形状の作品は、モダンなスタイルを志向する新興市場のコレクターが手に取りやすい価格帯で生産されました。

”モダンデザインの大型家具を手頃な価格で提供すること”これがブラジルにおける同社の大きな強みであり成功の鍵でした。

 

アフリカ(後に中国)を広く旅する中で、ザニーネは様々な文化に身を置きました。その土地の風習に深く感動したザニーネは、自然との調和を図りながら自給自足の生活を続ける人類が、世界各地でいかに似ているかを知ります。

1950年代初頭、ザニーネはMóveis Artístico Zを立ち上げてからわずか2年で、会社を辞め、故郷のバイーア州へ戻ることを決意します。倒木から船や家具を彫る職人の姿に感銘を受け、彫刻的な大作を手がけるようになり、これがその後の彼のキャリアの焦点となりました。また、色彩豊かな丸太の切り出しによるパビリオン型の建築で、他とは一線を画す存在となりました。

1980年代には、ブラジルの熱帯雨林の破壊を食い止めるために、DAM(ブラジル木材利用開発財団)を設立し、森林保護に力を注いでいます。彼は、森とのつながりについて多くの著作を残し可能な限りすでに伐採された木を使うか木を1本ずつ植えるように努めました。

 

“When I feel that our country is in the midst of an urban consumerist epidemic and is eagerly deprecating the forests, I remember my father: We must cure it.”

"わが国が都市型消費主義の流行に乗り、熱心に森林を軽んじていると感じるとき、私は父を思い出します。私たちはそれを治さなければならない"

ザニーネの作品は、パリの装飾芸術美術館や母国ブラジル各地で展示されています。2015年には『Moderno』に収録されました。アメリカ学会主催の巡回展「Design for Living in Brazil, Mexico and Venezuela 1940-1978」にも出品されました。

2001年に亡くなるまで、ザニーネは明確なビジョンを持ち続け、ブラジルの社会的困難に焦点を当てていました彼の作品はブラジルの記憶とアイデンティティに飛び込んでいくものです。

自然にコミットし、彼は木材の使用を通じて住宅不足の解決策を模索しました。エネルギー源としての「木」は、彼の考察の核心でもありました。

人間と自然の関係、創造性と洗練、独自性と再現性の解釈者であるジョゼ・ザニーネ・カルダスは、現在そして未来の世代にインスピレーションを与え続けています。

dajkakakj.jpg
_MG_2396.jpg