_MG_6773.CR2

Isamu Noguchi

1904 - 1988

イサム・ノグチ

アメリカ・ロサンゼルス生まれ。

詩人であり芸術の権威であった父・野口米次郎とアメリカ人作家であった母・レオニー・ギルモアとの間に生まれました。1906年、一家は日本に移り住み、父は日本人女性と結婚、ノグチは13歳まで母のもとにいました。1918年、ノグチは母と共にアメリカに戻り、インディアナ州ラポートのパブリックスクールに通い、1922年に卒業。ラシュモア山の彫刻家ガットスン・ボーグラム(1867-1941)に弟子入りしますが、彫刻家としての才能がないことを指摘されます。1923年、ノグチはニューヨークのコロンビア大学に医学部予科生として入学。大学に在籍しながら、ニューヨークのローワー・イーストサイドにあるレオナルド・ダ・ヴィンチ美術学校で彫刻家オノリオ・ルオトロのもとで夜間の彫刻の授業を受けていました。後に大学を退学し、アカデミックな彫刻家に転身し、初めて肖像画の胸像を制作して生計を立てるようになります。

1927年には奨学金を得てフランスのパリに移り、抽象彫刻家コンスタンティン・ブランクーシに弟子入りします。ブランクーシはノグチの作品に強い影響を与えました。ブランクーシの造形や哲学に触発されたノグチは、モダニズムや抽象主義に傾倒し、完成度の高い作品に叙情的で情緒的な表現と神秘的なオーラを吹き込んでいきました。

 

1920年代後半から1930年代にかけて、ニューヨークに戻り、アジア、メキシコ、ヨーロッパを広く旅したノグチは、肖像彫刻やデザインの依頼を受け、景観作品や遊具を提案し、さまざまな著名人と交わり、共同制作を行いました。

 

ノグチは1930年に6ヶ月間日本に滞在し、粘土細工や庭園の研究をしました。そこで彼は、土地は公共の場に使える彫刻になりうると気づいたのです。1930年代には、メキシコのメキシコシティに、メキシコの歴史を物語る全長72フィートのセメント壁画を制作するなど、自身の社会的関心を反映した芸術作品を制作。1935年には舞踏家マーサ・グラハム(1893-1991のために舞台装置の制作を始め、50年に渡るパートナーシップを築きました。

 

日本軍の真珠湾攻撃と日系人に対する反発は、ノグチに劇的な個人的影響を与え、政治活動家としての動機づけとなりました。1942年、日系アメリカ人の愛国心を高めるための団体「民主主義のための二世作家・芸術家結集」を共同設立し、アリゾナ州のコロラド川転住センター(ポストン)収容所に自ら入り、6ヵ月間滞在しました。

 

出所後、ニューヨーク・Greenwich VillageのマMacDougal 通り33番地にアトリエを構え、石彫に回帰するとともに、新しい素材や技法の探求を盛んに行います。 特に1946年にニューヨーク近代美術館で開催された「14人のアメリカ人」展に出品された繊細な板状の彫刻には、彼の考えや思いが反映されています。

 

ノグチは特定の運動に属することなく、さまざまな分野や流派のアーティストと共同制作を行いました。

1982年、ノグチは芸術への卓越した生涯貢献に対してThe Edward MacDowell Medalを授与しました。1986年京都賞、1987年米国芸術文化勲章、1988年勲四等瑞宝章を受章。1984年、ベンジャミン・フランクリン(1706-1790)を記念したノグチの102フィートのステンレス鋼の彫刻「稲妻」がペンシルバニア州フィラデルフィアに設置されました。1985年には、200点以上の作品を展示するイサム・ノグチ庭園美術館がニューヨーク州クイーンズに開館しました。

 

1986年、ノグチはヴェネツィア・ビエンナーレ美術展の米国代表として、その長いキャリアに遊び心を加えて幕を閉じました。1986年のベネチア・ビエンナーレの米国代表として、彫刻とランプの展覧会を開催。1988年12月30日、ニューヨークで死去。

彼の彫刻、噴水、庭園は、米国および世界の主要都市の中心的な存在となっています。

イサム・ノグチは彫刻家として最もよく知られていますが、絵画、陶芸、インテリアデザイン、建築など、さまざまな分野で活躍しました。どの作品においても、彼は素材と深く向き合い、自然や社会とのつながりに敏感であり続け、木や石を好み、それらの素材を最大限に生かす才能がありました。

 

イサム・ノグチは、尊敬を集める日系アメリカ人の彫刻家でありデザイナーです。彼の造形は、自然と人間、あるいは周囲の環境との相互作用を示唆しているかのようにも考えられます。

VB13-S.jpg
21A.jpg