Carneros-Studios--Furniture-Marolles-Furniture-Marolles-image_02-2376.jpg

Jean Touret

1916 - 2004

ジャン・トゥレット

フランス・ラセ=レ=シャトー生まれ。

ジャン・トゥレットは、1930年代から主にインスピレーションを受けました。1930年代は、マルクス主義の社会主義、資本主義の民主主義、共産主義とファシズムの全体主義など、さまざまな政治的イデオロギーがぶつかり合った時代です。シュルレアリスムはヨーロッパで優勢を保ち、国際的にも影響力を持ちました。アメリカでは、世界恐慌の影響を大きく受け、多くの芸術家が謙虚さや凡庸さをテーマとした作品を発表しました。アメリカの歴史上初めて、芸術家たちは政治的なテーマを探求し始め、芸術を利用して社会に影響を与えようと努めました。貧困、手頃な価格の住宅の欠如、反ファシズム、労働者のストライキなどのテーマが、多くの芸術家の作品の主流を占め、ソ連では、スターリン政権が第一次五カ年計画で要求した急速な工業化を実現するために、緊急の資金を必要としていました。この10年間は、ドイツで国家社会主義が誕生し、1933年にアドルフ・ヒトラーが政権を握ると、不吉な方向に進んでいき、1930年代末には第二次世界大戦が勃発し、芸術家のみならず世界の人々に大きな影響を与えました。

 

1950年頃、パリ・ボザール校を卒業した若き日のトゥレットは、第二次世界大戦中に捕虜となり、南ドイツのヘルツヘビルゲの森林地帯に送られ、木こりとして働くことを余儀なくされました。そこで彼は、農民の素朴な生活、自然、木工芸に着目します。フランスに戻ると、新しい人生観に目覚め、パリを離れ、友人の画家モーリス・ロシェに従ってブロワ近郊の小さな村マロールに移住。村の大工エミールルロワと親しくなり、3人の職人(鍛冶屋アンリ・ヴィオン、籠職人エドモン・ル・フロヒック、陶芸家マニュエル・ゴールド)と出会い、工芸協同組合「Atelier de Marolles」を設立しました。彼らの共同作業と厳選された技術によって、革新的な家具の新モデルが誕生したのです。彼らの作品におけるアイデンティティは、ミニマルな世界という概念を軸に、木や金属などの自然素材を取り入れるというものでした。

トゥレットのユートピアは、伝統的なノウハウを認めずに工業材料で作られた画一的な家具を求めるといった風潮を否定するものでした。トゥレットは、職人たちの適性を結集させ、家具や装飾品を製作するクラフト・アソシエーションを設立することを決意します。それは、素朴な家具の原型を残しつつ、シンプルで高貴な、現代的な美学を発展させることで成功を収めました。1964年からは、「マロルとロワールとシェールの職人たち」(通称「Atelier de Marolles」)の芸術監督を離れ、絵画に没頭するようになりました。1970年頃、同団体は解散します。

 

ジャン・トゥレットは、息子のセバスチャン・トゥレットと共に、多くの教会や礼拝堂のレイアウトや装飾、すなわち彫像、祭壇、幕板を制作しました。彼らのデザイン哲学は、物質の中に生命を求め、控えめでありながら爽快な存在感を生み出し、それに寄り添い、喜ばせることにありました。彼らはこれを、ブルータリズムの手法で、非常に控えめでありながら緻密な美学で表現しました。いまやブルータリズムの家具は、モダンなインテリアの一部となっています。

現在では、ジャン・トゥレットが残した家具の製作を、アメリカ・カリフォルニア州ナパを拠点とする家具工房、Furniture Marolles が手掛けています。Furniture Marollesは、2015年よりJean Touretの家族の同意のもと、リエディションを当時と同じハンドメイドによって生産しています。Jean TouretとMarollesの職人によって1950年代に生産されたわずか100台未満の椅子は、Furniture Marollesによって現代に継承されています。 

Carneros-Studios--Furniture-Marolles-Furniture-Marolles-image_05-2376.jpg